情熱のシーラ第5話のあらすじと感想!ラミーロとの再会と別れ

この記事は4分で読めます

シーラ5

情熱のシーラの第5話暗躍の調べ
のあらすじと感想です。

仕事の成功と共に
シーラが強くて優雅な
女性へと変貌を遂げていきます。

素敵なファッションも見ものです!

シーラ役やあのイケメン俳優は?
↓↓こちらから↓↓
スペインドラマの魅力やラミーロ役俳優は?

★これまであらすじと感想★
第1話はこちら⇒ラミーロとのキスシーンがセクシー!
第2話はこちら⇒イケメン・ラミーロってやっぱり…
第3話はこちら⇒ついにシーラの体に銃グルグル巻きシーンが?
第4話はこちら⇒豪華な仕立て工房を始めたシーラに新たな男性出現?

<スポンサードリンク>

第5話のあらすじと感想!ラミーロとの再会と別れ

イケメンだけど、とんでもない男だったラミーロ。
ラミーロのせいで
人生が一変してしまったシーラですが・・・。

ラミーロが逮捕されたが・・・

1937年6月
モロッコ テトゥアン。

シーラの工房へ訪ねてきたバスケス署長から
ラミーロがタンジールで逮捕されたことを
聞かされます。

一緒に尋問をうけなければならなくなり、
ラミーロと再会することに
思い悩むシーラにバスケス署長は

傷は完全に治すことです、たとえ痛くても
と、乗り越えることを促します。

お針子としての腕を試されるシーラ

シーラの工房に、顧客のロザリンダ・フォックスが訪れ
ドイツ領事が主催する晩餐会に招かれたので、
大急ぎでお姫様レベルのイブニングドレスが必要になったと。

明日の夜までに欲しいと
無理難題を突きつけられ
一度は断ったシーラですが

見事に豪華なイブニングドレスを仕立て上げます!
ロザリンダは大満足&大感激!

↓見事なイブニングドレスの完成↓
シーラ5-1

↓ジャミールと共にロザリンダを見送る↓
シーラ5-2

お礼に何かしたいと申し出るロザリンダに

「内戦中のマドリードにいる母を呼び寄せたい」
晩餐会に、パトリシオ・ルディオという
マドリードからモロッコへ人を連れてくる
闇商売をする人が出席することを告げます。

ロザリンダは快く、
パトリシオと話をつけることを約束してくれます。

<スポンサードリンク>

ロザリンダ・フォックスは何者?

ロザリンダが工房から出て行くところを見た
工房の向かいに住む芸術家・フェリックス。

フェリックスから
ロザリンダはここで一番偉いスペイン人の愛人だ
と聞かされます。

その人のお陰でロザリンダは
この保護領でもっとも力のある女性であると。

ロザリンダが愛人になっているのは、
ファン・ルイス・ベイグベデルという
モロッコにあるスペイン保護領の高等弁務官で
植民地の総督だという。

年は親子ほど違うが語学堪能で
かなりの教養人であるらしいことも。

そんなすごい女性と懇意になったことに
期待を膨らますシーラ。

晩餐会で約束を果たすロザリンダ

ドイツ主催の晩餐会には、ナチスのかぎ十字の旗がはためきます。

会場でファン・ルイス・ベイグベデと連れ立って歩く
ロザリンダは
「愛人だよ」と招かれた人に囁かれます。

シーラ5-3

パトリシオ・ルビットをようやく見つける
ロザリンダ。

シーラ5-5

見た目は普通のおじさんにみえますね。

あなたが誰なのか知っている。
マドリードからモロッコへ人を運ぶ仕事をしてるでしょ?

最初はとぼけていたパトリシオだが
「友達のために何をすればいいのか教えて欲しい」と言われ
決して安くはないことを伝えてくれ」といいます。

ラミーロとの再会と永遠の別れ

一方、警察から呼び出しを受けるシーラは・・・。

ラミーロと一緒の尋問に戸惑うシーラに
バスケス署長から
ラミーロが死んだことを告げられます。

タンジールから誤送される際に
警官の銃を奪ったために射殺されたと説明され、
遺体との面会を望みます。

憎しみと反対に愛情も持っていたのが
その表情からみられます。

捨てられた時は死んでしまえばいいと毎晩思った。

きっと復習したかったんでしょうね。
私の苦しみを少しでも味わわせたあった

でも、冷たくなった彼をこうして見ると
もう、いい思い出しか浮かんでこない

こんな最期なんで哀れすぎる

遺体の引き取り手がいないと聞かされたシーラは
自分が埋葬すると申し出ます。
泣き崩れるシーラ。

カンデラリアと共に
墓地にラミーロを埋葬します。

墓碑には
1901年ー1937年となっていたので
ラミーロは36歳で亡くなったことになりますね。

ロザリンダとタンジールへ

警察署に出向き、旅券を返して欲しいと申し出ます。

タンジールのホテルを出向き
借金の返済を遅らせてほしいとお願いするためです。

借金を返すお金は出来たが
母を呼び寄せるためにお金が必要になったからと
バスケス署長に説明します。

検問所通行書をもらったシーラは
街で会ったロザリンダの車でタンジールへ向かいます。

シーラ5-6

タンジールへ向かう途中で
ロザリンダから様々な話を聞きます。

政治の話や、愛人のファン・ルイス・ベイグベデが
出会いや運命の人であることなど
のろけ話を聞かされます。

ただ、お互い結婚しているだけでなく、
ドイツ人がイギリス人であるロザリンダを
よく思っていないことも。

ヨーロッパの状況はどんどん悪くなっている
もし、今度戦争になったら、
スペインにはイギリス側についてほしい。

政治的なことに口を挟むロザリンダを心配するシーラに
「彼は私に夢中だから」
と、待った意に介さないロザリンダ。

2人の関係を羨ましいと思っているようです。

タンジールのホテルで借金返済の延期を申し出るが断られ、
やむなく全額返済するシーラ。

タンジールでシーラは、ロザリンダの友達に
北アフリカ“一”のオートクチュールの工房を持っている
と紹介されます。

でも、友達がロザリンダに期待しているのは
愛人のファン・ルイス・ベイグベデを紹介して欲しいだけと分かります。

打算的な彼女たちにがっかりしたロザリンダに
シーラは自分の経歴がウソだったことを打ち明けます
(名家の出、婚約者がアルゼンチンにいることなど)

それを聞いてもロザリンダは

どんな生まれであろうと
モロッコ一の仕立て屋であることに変わりはない

更に、お母さんを呼び寄せるために
力になってくれそうな人として
ロンドン銀行の支店長を紹介してくれるという。

シーラ5-7

そのロンドン銀行支店長は
イギリスの新聞記者と会うことを勧める。

新聞記者(マーカス・ローガン)は電話でロザリンダに
ファン・ルイス・ベイグベデへのインタビューと
取材許可を取り付けることを条件として
シーラのお母さんをモロッコへ呼び寄せることに協力をしてくれると。

以上、
第5話「暗躍の調べ」のあらすじでした。

つづきはこちら
第6話!クールなインテリ?イケメン登場!またシーラは騙されるの?

6話以降もこちらから全部チェック出来ます♪
情熱のシーラのあらすじネタバレ
↓↓こちらから↓↓
情熱のシーラのあらすじと感想!評価や評判も!

シーラ似の日本女優まとめ
↓↓こちらから↓↓
主演女優の顎の傷や安藤玉恵はシーラ似?

<第5話の感想>
愛情の反意語は憎しみではないと
よく言われます。

憎む気持ちがあるうちは
どこかで、その人への愛情も残っているのかもしれません。

今回のシーラの表情や涙がそれを物語っていました。

ロザリンダはイギリス人ですが、
シーラの素性を知ってもなお
親しくしてくれ協力してくれています。

ドラマを見ている限り、今のところとても良い人柄のようですが・・・。

シーラ同様に今後どうなっていくのでしょう。

ちなみに、ロザリンダと愛人のファン・ルイス・ベイグベデは
実在の人物
だそうです。

ますます次回が楽しみになってきました(*^_^*)。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 情熱のシーラ9
  2. 情熱のシーラ10
  3. 情熱のシーラ9予告
  4. マギースミス
  5. ダウントン・アビー4第5話
  6. 情熱のシーラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

リアルバービー!驚きの世界の美女達

リアルバービー!驚きの世界の美女達

カテゴリー