情熱のシーラ第12話あらすじネタバレ!任務と懐かしい人との再会

この記事は9分で読めます

情熱のシーラ第12話 

情熱のシーラ第12話「新たな標的」のあらすじネタバレです!

前回の第11話「涙のマドリード」では、元婚約者イグナシオの協力を得て、シーラは幼馴染みで親友のパキータの窮地を救うことができました。

家族も出来て平穏な家庭生活を幸せに感じているイグナシオに、シーラは過去のことを謝り、許してもらうことができました。

ただ、工房を監視し、近隣からシーラの情報を探っているのはイグナシオの部下だとばかり思っていたのが、勘違いだと分り愕然となりました。
≪私も含め、視聴者の多くもそうだったと思いますが≫

第12話は、シーラを監視していた人物の黒幕が分るというので、予想してみましたが、またしても、大外れでした(笑)。

★前回第11話のネタバレあらすじ
↓↓こちら↓↓
シーラが元婚約者のイグナシオとまさかの復縁?

では、監視しているのは誰?

<スポンサードリンク>

情熱のシーラ第12話のあらすじネタバレ

情熱のシーラを楽しむために
↓こちらも↓
スペインドラマは面白い?シーラ役とイケメン・ラミーロ役は誰?

情熱のシーラのあらすじ
見逃した回もチェック出来ます
↓↓こちらから↓↓
これまでのあらすじチェック

シーラ似の日本女優まとめ
↓↓こちらから↓↓
主演女優の顎の傷やシーラ似の日本女優って?

1940年12月マドリード

シーラは、母親のドローレス宛てに手紙で近況を書いています。

それは、内戦の痛手から立ち直りつつあるマドリードに引き換え、自分の心の傷は癒えないことやとても孤独だという内容でした。

ヒルガースからの任務

シーラは図書館のようなところで、ヒルガースに母親宛の手紙を託します。

必ず届けると約束してくれたヒルガースですが、ロンドンから活動の強化を求められので、新たな任務としてマヌエル・ダ・シルバについて、もっと情報を入手するよう指示します。

マヌエル・ダ・シルバの写真を見せられるシーラ。

マヌエル・ダ・シルバは実業家でリスボンにいるイギリスの外交官と良い関係を続け、イギリスの企業とも様々な取引をしているが、一方でドイツ人ともビジネスで関係を築き始めている。

それがどんなビジネスなのか分らないので、その情報を入手して欲しいということでした。

ダ・シルバは、スペイン人で夫がドイツ人でナチスの有力者であるベルタ・ステアリング夫人が開く夕食会に出席するため、まもなくマドリードにくるので、ベルタ・ステアリング婦人と親しくなって夕食会に招待されるようにして欲しいと。

≪顧客でもないのに、いきなり親しくなれって言われてもねぇ≫

まずは、工房にくるよう仕向けて欲しい「あなたにしか出来ない任務」とヒルガースに難題をつきつけられます。
「やってみます」と答えるシーラ。

ベルタ・ステアリングってどんな女性?

ベルタ・ステアリングについて工房の顧客に探りを入れるシーラですが、夫人の評判はあまりよろしくないようです。特にご主人が仕事でドイツに行ってからは誰も彼女には逆らえなくなったといいいます。

そんな中で、婚約中の若い顧客が親しいことが分りました。

夫人は決まった仕立て屋はあるが近々会う予定という顧客に、シーラは自分も同席したいと言います。
顧客はその代わりに、自分の婚約者やその家族を紹介したいので、大晦日に社交クラブで開かれるパーティに一緒に行って欲しいと誘います。

色々な人が訪れるであろうパーティなので、警戒したシーラは遠慮しますが、「大晦日に一人で過ごすなんて許さない」という言葉に了承します。

ティーサロンで偶然を装い、ベルタ・ステアリングを紹介されるシーラ。
≪なんだか見た目からして怖そうなオバさんです≫。

さりげなく自分の工房に誘おうとしますが、「もう決まった工房があるの」とそっけなく断られ、この作戦はあっけなく失敗に終わります。

見た目や噂通り、とても感じが悪い人でした≫

シーラを監視していた黒幕の正体は?

大晦日のパーティに招かれたシーラはドレスもキュートで一段と美しいです。

パーティはバンドも入ったりして豪華です。

その席でシーラはある男の顔を見て驚愕します。
それは、工房をずっと車から監視している男でした。

招待してくれた顧客にその男について訊ねると「婚約者のお父様の部下」だと答えます。
そして・・・。

その婚約者の父親を紹介されて、更に驚くシーラ!
「あなたがタンジールにいたときの話を聞きたいそうよ」

そしてダンスに誘われ、イヤイヤ応じますが「嬉しいよ、君にまた会えて」とその男はいいます。

≪え~誰、誰~?この老紳士は、なんかちょっと親しげでもあるような≫

「違う名前を使っていることも、誰にも言うつもりはない、それなりの訳があるんだろう」
「あなたの部下はそれを突き止めてないんですね?」

脅かすつもりはなかった、君かどうか確かめたかった。その男は、ゴンサーロ・アルバラードという人でした。

そう、シーラの実の父親です。

「君の身に一切危険はなかった。よそよそしくしないでくれ」というゴンサーロにシーラは「お父さんと呼んで欲しいんですか?」とイヤミを言いますが「ゴンサーロで充分だ」(笑)。

情熱のシーラ第12話 あらすじ1

「食事をしながら話を聞かせて欲しい」というゴンサーロ。
パーティに招待されたのは「特別な意味はないと思ったけど、実はあなたが企んだ」とちょっと心を許した様子にみえます。

「ほんとの名前も私との関係も知られたくないんだろ?」(ゴンサーロ)「誰にも何も言わないで欲しい」と念を押します。

ただ、「なぜ名前を替えたのか理由を教えてほしい」という問いには「あなたの息子さんのせいで、お金と宝石を盗んだと。変えないと警察に訴えられるから

「かっとなるタチだったから・・・」

「どうして過去形なの?」と聞くシーラに、息子が内戦が始まって三日後に殺されたことを告げます。
息子は今のうちに、全財産をスペインから持ち出そうと言い出し、シーラ母子には相続分を渡したことを話すと大変な剣幕で怒り、盗まれたと判断したんだろうと息子をかばいます。

そして・・・「次にあの子をみたのは遺体の確認に行った時だ」。
寂しそうに辛そうに語る実の父親を「お気の毒に・・・」とシーラは慰めます。

≪シーラにとっても異母兄妹でもありますものね≫

「新年を迎える夜にふさわしくない話だ」と、気持ちを切り替えて、顧客の婚約者でゴンサーロの息子カルロスを紹介されるシーラ。

≪この人とも異母兄妹ということになりますよね≫

このパーティでお父さんとも和解したような雰囲気でちょっとだけ嬉しそうです。

<スポンサードリンク>

ベルタを工房へ呼ぶために

工房の表には、もう見張りの車はいなくなっていました。

シーラの元へパーティに招待してくれた顧客が訪れます。
「婚約者どう思った?」「素敵な人ね。ハンサムだし」

「お義父様、あなたのことすごく気に入ったみたい」「確かにとても優しくしてもらった」。

「ベルタとは大違い。でもあの人、ホントはすごくいい人なの」1と。
そして、ベルタには娘がいて、2、3日後に学校のお芝居に出るために、ドイツから伝統衣装を送ってもらうほどの完璧主義だという話を聞きます。

それを聞いて、何かを思いついたシーラ。

マヌエラに「ベルタ・ステアリングをここへ呼ぶ方法が見つかったけど、あなたの力がいる」と頼みごとをします。

ついにベルタが工房へ

シーラの予想通り?にベルタ・ステアリングが工房へ訪れます。

何食わぬふりをして「何か御用ですか?」と聞くシーラに「娘がお芝居で着る衣装をアイロンがけに出したら焦がされてしまった。ドイツの伝統衣装でベルリンから送ってもらったものだから、取り寄せる時間はない。あなたならなんとか出きると聞いて」と、あくまでも上から目線で説明します。

「もちろん、喜んで」と笑顔でこたえます。

《なるほどね~。マヌエラの知り合いを使って、わざと焦げさせたってことでしょうね。
やるな、シーラ!》

父の後悔

公園をゴンサーロと腕を組み散歩するシーラ。
とても親しげでいい感じです。

情熱のシーラ第12話  あらすじ2

特にお父さんであるゴンサーロは嬉しそうです。
娘だと言いふらせたらどんなにいいか」・・・写真を撮っている家族連れを羨ましそうに見たり。

ゴンサーロは「1つ言っておきたいことがある」と切り出し、シーラとそのシーラの母親と別れたことは最大の過ちだった。悔やまなかった日は一度もない。失った時間を取り戻したい」と言います。

それに対して「もうやってるでしょ」と。
「いつか、父親として愛してくれるか」に「正直それは分からない」と答えながらもまんざらでもなさそうです。
シーラは、自然な感じで実の父親と触れ合っているように見えます。

ベルタ夫人に気に入られるために

工房に、ベルタが娘の衣装を持ってやってきます。
「今日中に出きるかしら」「精一杯やっています」と答えるシーラにベルタは「スペインでは滅多にお目にかかれないから、真面目で勤勉な人には」と。

更に、「この国の人ってワインとパーティは大好きだけど仕事となると・・・」。
それに対してシーラは「まぁ、ドイツ人のようにはいきませんね」とうまく答えます。

気をよくしたベルタ夫人はその後も喋りまくります。
「ヒトラー総統のおっしゃるとおり。労働は自由を生む」
「そのとおりです」(シーラ)

「自由への道はある。その道しるべは服従、勤勉、誠実、分別、秩序、清潔、正直、犠牲的奉仕、祖国への愛」
「全くもって同感です」(シーラ)

「だからドイツは偉大な国なの。その国を相当がふさわしい場所へ導く」「間違いありません」(シーラ)
途中、顔色を伺うベルタ夫人。

「さっさと戦争に突入して全てが変わればいい」とまで言う夫人にも「ええ。ホントそうですよね」(シーラ)と、とにかく気に入られるためにひたすら賛同します。

でも、思わず席を外してマヌエラの元にいき、息がつまりそうだと愚痴ります。
傲慢なの!スペイン人なのに、ドイツ人より熱心なナチってどういうこと?」と

「落ち着いて!大事な目的なためでしょ?きっとうまくいく」と諭されます。

≪シーラ、よく耐えたよ~!≫

焦がした衣装は見事に修復されて、ベルタ夫人もビックリ。
でも、「おめでとう、見事なできばえよ。注意して見なければドイツで作られたものとの違いは分からないんじゃないかしら」とどこまでも上から目線!!

でも、「あなたとお話が出来てよかった。ヒトラー総統を指示する女性ってスペインでは珍しいから」とシーラが耐えながら話を合わせたかいがあって、ベルタ夫人もシーラを気に入った様子です。「あなたに足りないのは愛する男性だけね。お礼に、夕食会を開くんだけどあなたに是非合わせたい人がいる。きっと気が合うんじゃないかしら」と誘われます。

これが、ヒルガースから指示を受けたマヌエル・ダ・シルバが出席する夕食会のようです。

策略と一生懸命話を合わせたことが功を奏して、ついにマヌエル・ダ・シルバと会うチャンスをものにしました!

ピアノコンサートとブレスレット

シーラは父親とピアノコンサートに出かけます。
各国の上流階級の人たちが集っていますが、ゴンサーロからイギリスの人たちを紹介され、イギリス人側に着席するシーラ。

会場には、ヒルガースが奥さんを伴って来ていました。
ドイツ人側の席にはベルタ夫人が座っています。

イギリス国籍の人間とは誰であろうと接触しないことです

とヒルガースからキツく言われていたので落ち着きません。

と、シーラは貧血を起こしたように会場から運ばれて行きます。
ベルタ夫人は運ばれて行く女性のブレスレットを見ただけで、シーラとは気づきません。

情熱のシーラ第12話 あらすじ3

翌日、ヒルガースに呼び出されたシーラ。

「昨日は危ないところでした」「他にどうしようもなくて」。

≪やはり、貧血か何かで倒れた様子は演技だったんですね≫。

ヒルガースは、プライベートに口出ししたくないとしたうえで、シーラがゴンサーロと一緒にいるところをたびたび見られていると。ゴンサーロとは何でもないと答えるシーラに、そういう問題には関知しないが、ドイツ人に協力するスペインのスパイ集団が存在し、ドイツ寄りの人物とイギリス寄りの人物のリストを作成していることを話します。

そして、ドイツ寄りのリストの中にはシーラの名前が、イギリス寄りのリストの中にゴンサーロの名前があり、ドイツ人たちは、イギリス寄りにある人物を徹底的にマークしている。

「今後、会い続ければ、疑いの目で見られかねないし、実際、噂は流れています」と告げます

ドイツ高官の妻達と親しい人間が、イギリスに協力する人物と公の場で会って何をしているのかということです

思わず声を荒げるヒルガース。

すぐに気を取り直しますが「ヨーロッパの運命を握るスペインがいつ戦争を始めるか分からないからです。この危険で難しい状況をどこまで自覚しているかわかりませんが、もしあなたがドイツ人に怪しまれれば、間違いなく大変なことになります。それだけは避けたい、あたなと我々のために」

と言われ、シーラは「ご安心ください。彼とは2度と連絡はとりません」と答えますが、寂しそうな表情を見せます。

スパイとして生きることの苦悩

工房へ帰るとゴンサーロからお花とメッセージが届いていました。
せめて返事くらいしてあげれば?というマヌエラですが、ヒルガースに注意を受けたばかりでどうしていいか分りません。

「ダ・ジルバからなにも聞き出せなかったら、正体を見破られたら・・・」不安になるシーラにマヌエラは「大丈夫、うまくいくから。あなたにひと目で心を奪われる」と励まします。

「もう何もかも疲れた。みんなを騙すこと。窮屈な命令に従うことも警戒しながら暮らすことも。今の私はただのうそつき。すごく怖くて、不安で夜もほとんど眠れない。もし、スペインが戦争を始めても私には止められない。全部投げ出して日常に戻りたい」とスパイとして活動することの苦悩を語ります。

そんなシーラにマヌエラは「日常っていつ?イグナシオと結婚しようとしたとき?」

日常というのは自分が望む生活のこと

別の場所や過去を求めても意味はないの

と、厳しい口調で説得します!

その言葉に「ありがとう」と答えるしかないシーラが辛そうです。
≪マヌエラって、かなり芯が強い女性です!≫

マヌエル・ダ・シルバに気に入られるシーラだが・・・

ベルタ夫人の屋敷を訪れたシーラは、そこで沢山の上流階級の人たちを紹介されます。
そして、ついにポルトガルの大実業家と言ってマヌエル・ダ・シルバを紹介されます。

情熱のシーラ第12話 あらすじ4

2人をおいて去る夫人。

「お会いできて光栄です」「こちらこそ」。
モロッコの女性は初めてというダ・シルバにシーラは、モロッコは魅力的な国で人々も素晴らしいが、自分のような女性を見つけるのは難しいと語ります。

≪え、私みたいな綺麗な女性はいないって言いたいの?シーラ≫

どうして?か尋ねられると、母親はスペイン人だしイスラム教徒じゃないし母国語もスペイン語なので特殊なモロッコ人だからと答えます。

≪なるほど。そう言っておいた方が今後のためにいいですね≫

内戦前は頻繁にマドリードにきていたが、最近は別の仕事が忙しくてと言うダ・シルバに「今のスペインは商売に向きませんし」と答えます。

「あなたの仕事はうまくいっているようだ」ベルタ夫人から色々聞いているようです。
いい雰囲気になった2人は、仲を取り持とうとしているベルタ夫人の計らいで、食堂でも隣合同士に。

「ダ・シルバさんはどういったお仕事を?」
「マヌエルと呼んでください」「私のことはアリーシュと」

すっかり気に入られたシーラ!

話が弾み、ビジネスについても聞き出そう関しても「お金になることなら、ありとあらゆるものを輸出入してる。木綿、木材、マカオのシルク。でも輸入する生地そのものには関与してない。関与するのはデータや数字で、美的センスについては持ち合わせていない」と。

「あなたは素晴らしいセンスの持ち主よ。そのネクタイピンを見れば分かる」とゴマする?と「確かに美しいものは好きかな、でなければあなたの傍にいない」「お世辞でもうれしいわ」(シーラ)

とりあえず、マヌエル・ダ・シルバに取り入ることに成功って感じですよね!

と、さっきまで2人の様子を見て満足げだったベルタの顔色がみるみる変わっていきます

「厨房の様子を見てきます」と席を立ったベルタ。すぐに使用人がシーラを呼びに来ます。食堂を出て使用人に案内されると、そこにはベルタが待っていました。

「今すぐこの家から出てって」
「どういうことですか?」

「劇場であなたを見たの。イギリス人と親しい人間を招いたとしれたら私は大恥をかく。大切な人達に信頼を失う。今夜のことは無かったことにして、さようなら」
冷たく、そしてキッパリと追い返されてしまいます。

≪劇場で倒れた女性が身に着けていたブレスレットと、今夜の夕食会にシーラが着けていたブレスレットが同じことにベルタ夫人は気が付いてしまったということですね≫

工房に戻ったシーラは疲れ果て、そしてベッドに倒れ込んでしまいました。

以上が、情熱のシーラ第12話のあらすじネタバレでした。

情熱のシーラ第12話の感想

シーラを監視していた人物の黒幕が、まさか実の父親だなんて、予想もしませんでしたよ~。ていうか、ゴンサーロ・アルバラードって出てきても、名前はもちろん、顔を見ても初めは誰か分らなかったくらいでした。

日本のドラマではそんなことはあり得ませんが、知らないスペイン人?俳優ですからね(言い訳ですが)。

バスケス署長と予想した私ですが、考えたら、彼にそんな力はなかったでしょう。
それにしても、次から次へと、昔登場した人物が現れてきます。

シーラと実の父親ゴンサーロは、せっかくいい関係になってきたと思えたんですが。
母親と離れ、過酷な任務で心身ともに傷つき疲れているシーラにとって、実の父親との再会したことは、心を許せる相手を得られたはずだったのですが、そんなささやかな幸せさえも、許されないなんて・・・。

豪華な衣装やパーティに出席するすることよりも、心許せる人との、素に帰れる時間の方がシーラにとってはどれだけ幸せなのか・・・それが、シーラの望む“日常”ではないかと思いました。

マヌエラは、本当にシーラの味方なのかなぁ・・・スペイン人のスパイ集団に彼女がいたりして?って又、外れそうな勝手な想像でした(笑)。

情熱のシーラ第13話『危険な接近』の予告あらすじと予想
↓↓こちら↓↓
マーカスとついに再会!更にもしやあの人とも再会?
《今回の予想は自信あり?》

第13話のあらすじネタバレ!
また、外れましたが・・・(´・_・`)
↓↓こちら↓↓
ついにマーカスと再会とダ・シルバの裏の顔が・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました^^♪
では又、次回!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 情熱のシーラ第16話 あらすじ
  2. 情熱のシーラ第7話
  3. 情熱のシーラ第11話
  4. 情熱のシーラ14
  5. ダウントン・アビー4第2話ネタバレ
  6. ダウントン・アビー4 第1話
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

リアルバービー!驚きの世界の美女達

リアルバービー!驚きの世界の美女達

カテゴリー