ダウントンアビー4第8話「胸騒ぎ」のあらすじネタバレ!感想も!

この記事は4分で読めます

ダウントン・アビー4第8話

ダウントンアビー4第8話「胸騒ぎ」のネタバレと感想です。

屋敷で行われる大イベント・バザーを前に、ダウントン大忙しのようです。

そんな中、今回もさまざまなことが起こります。

<スポンサードリンク>

ダウントンアビー4第8話「胸騒ぎ」のあらすじネタバレ!

いつもより時間が長かったせいかエピソードも盛りだくさんでした。

前回の第7話はこちら
第7話「ある夜の出来事」のネタバレと感想

アルフレッドとデイジー

使用人アイビーにはロンドンにいるアルフレッドから、父親が亡くなり葬儀に参列のため戻るという報せと、プロポーズの言葉があって「結婚より、もっと人生を楽しみたい」というアイビーは、パットモアの助言でアルフレッドの申し出を断ります

そのことを知ったデイジーは、アルフレッドが来るバザーの日にお休みをもらいメイソンの元に。
娘のようにデイジーを可愛がるメイソンに「ちゃんとお別れしてくるように」と言われたデイジーはアルフレッドに会い、お互い大事な友達同士として別れます

<頑張りました、デイジー>

バクスターとトーマス&モーズリー

トーマスがロバートと共にアメリカに行っている間、屋敷内での情報をスパイするように言われたバクスター

でも、ミシンも使え、仕事も出来るバクスターにモーズリーが好感を持って近づいてきました。
最初は「ベイツ夫妻は喧嘩でもした?」とモーズリーを取り込もうとしていたかに見えたバクスターですが、モーズリーから、トーマスは嫌われ者だけど、同列に考えないと言われ、バザーの日にロバート伯爵と屋敷に戻ったトーマスに、留守中は何もなかったと報告します。

トーマスがそのまま引き下がるとは思いませんが・・・。
トーマス役のイケメン俳優って誰?結婚してる?

メアリーに打ち明けるアンナ

メアリーから、ギリンガムが又、ダウントンに寄ると聞いて、アンナは落ち込みます。

アンナはギリンガムの従者グリーンに乱暴されたことを打ち明けます
ベイツがグリーンに何かすれば、死刑か終身刑になると不安がるアンナを見て、ギリンガムがダウントンに寄るのを止めようとするメアリーですが、間に合いませんでした。

アンナはベイツにギリンガムが屋敷にくることを伝えます。
グリーンのことを聞くと、無視するアンナに、犯人はグリーンと確信したベイツ

ローズとジャックロス

トムは町で、ローズが黒人歌手ジャックロスとデートしているところ目撃してしまいます。
心配するトムはメアリーに報告します。

メアリーはローズに本心を聞き出そうとしますが、ローズはジャックロスと婚約したと。
それを聞いたメアリーは、ロスに会いにロンドンへ。

「母親を怒らせたいだけと思える」というメアリー。
自分の母親もそう言っているというロスは、
ローズとは結婚しない。後ろ指刺される姿を見たくない。愛しているから幸せになって欲しい」と。

<メアリーに偏見があったのではなく、ローズが本気ではないと思ったんでしょうね>

<スポンサードリンク>

トムに新恋人?

トムは演説会であった女性バッティングと再会します。
学校の教師をしているらしい。

その後も、車が故障して立ち往生していたバッティングと偶然会い、車の修理をしてあげ、自分が元運転手だったことも話します。
<バッティングって、日本の脇役の年配女優に似てます。老けてるなぁ。あまり魅力的には思えないけど。ただ、この2人の今後も気になります>

イーディスとロザムンド

ダウントンを訪れたロザムンドに、イーディスは、生まれた赤ん坊は小作人に預けることにしたと告げますが、ロザムンドは反対します。

ロザムンドは2人で長期旅行に行き、そこで、養子を望んでいる夫婦に赤ん坊を預けることを提案します。
母親のコーラにも妊娠のことは告げず、食事の席で、皆にスイスにフランス語の習得するため、2人で長期旅行出かけると発表します。

ギリンガムが屋敷に・・・

ギリンガムと一緒にダウントンに訪れた従者のグリーン
食事の席で、何気なく住まいを聞き出すベイツ。

ブレイク達が屋敷を去ります。
ちょっと寂しそうなメアリー。

一緒にロンドンに帰るギリンガムは、婚約は取り消すことにしたと。

<ギリンガムとブレイクは恋敵になったみたい?>

バイオレットさすが!

バイオレットはロザムンドとイーディスを呼び出します。
バイオレットは全てを察しているようでした。
後日、費用はすべて私が持つと言ってくれました。

<さすが、亀の甲より年の甲!(笑)>

ある日、バイオレットの元を訪れたメアリーの名付け親は、イザベルを気にった様子。
名付け親が帰ったあと、バイオレットだけでなく、イザベルにも花が届きます。

イザベルへの花の方が大きくて複雑な表情のバイオレット(笑)
<もてるイザベルにバイオレットが嫉妬?(笑)>

毎回、この2人のやり取りは面白い、特にバイオレットはこのドラマに欠かせない存在ですね。
バイオレット役のマギースミスの現在は?車いす?

ベイツとアンナ

メアリーがローズの恋人に会うためにロンドン行きにお供をすることになったアンナですが、それを聞いて、ベイツもヨーク(ロンドン近く?)へ行くことに

メアリーはロンドンで、ローズの恋人と話しをつけただけでなく、ギリンガムにも会い、従者のグリーンの解雇を頼みます
「理由は言えないけど事情を知れば納得する」というメアリーの言葉に、ギリンガムはグリーンの解雇を約束します。

婚約を解消したとギリンガムは、メアリーを諦めないといいます。

ダウントンのバザー

ダウントンの一大イベントのバザーにはバンディングも来ていました。
力仕事もいとわないコーラの様子を見て、貴族嫌いのバンディングは驚きます

バザーの日にロバート伯爵もトーマスと共にアメリカから戻ってきました

賑やかで和やかなムードのバザー。

そこへギリンガムがやってきて、メアリーにグリーンが交通事故で亡くなったことを告げます。
それでも、解雇を頼んだ理由を拒むメアリー。
メアリーは、グリーンが亡くなったことをアンナに話します。

ベイツがヨークに出かけていたことを知ったアンナは、ベイツにバカなことはしていないか訊ねますが、「俺が行動する時はちゃんと理由がある」という言葉を聞いて不安になります。

バザーにはブレイクも訪れ、メアリーに求愛します。
<モテモテのメアリー>。

バザーは大成功のうちに終わりました!

ダウントンアビー4第8話「胸騒ぎ」の感想

盛りだくさんの第8話「胸騒ぎ」でした。

トムとバッティングの今後もちょっとだけ気になるし、イーディスは、スイスへ行って良い養子先が見つかったとしても、赤ん坊を手放すことが簡単に出来るとは思えないし・・・。

そして、ベイツはグリーンの交通事故死に何か関わってるんでしょうか。
「胸騒ぎ」というタイトルからして、アンナの不安のことなんでしょうが。

それにしても、モテモテのメアリー。

日本人的感覚だと、メアリーってそんな美人にも思えないんですが(笑)。

それと、毎回気になってるのは、メアリーとトムの子供たちがほとんど出てこないこと。

今回は、ちょっとだけ出てきましたが、ほんの一瞬だったし。
可愛い盛りの子供たちの話題がほとんど出てこないんですよね。

まぁ貴族の子供だから、2人ともほとんど乳母が面倒を見てるということなんでしょうけど。

というわけで、ダウントンアビー4も残すところあと2話となりました。
終わったら、ダウントンロスになりそうです(笑)。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^▽^)/。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 情熱のシーラ第14話 予告
  2. 情熱のシーラ13話 予告あらすじ
  3. キアヌ・リーブス
  4. 情熱のシーラ10 予告
  5. 情熱のシーラ12話予告あらすじ
  6. ダウントン・アビー トーマス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

ラストキスのまとめ!キスで分かる?カップルの本気度もチェック!

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

女子アナが可愛い!身長や所属テレビ局は?出身高校や大学のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

つぼみとわかば(ベッキーがお世話する捨て犬)成長のまとめ

リアルバービー!驚きの世界の美女達

リアルバービー!驚きの世界の美女達

カテゴリー